開発ストーリー

グルテンフリーお好み焼き粉の誕生秘話

美味しいお好み焼き一筋50年プラスαの松本章子社長が開発した、グルテンフリーお好み焼き粉は、「生カップお好み焼き」に続く商品です。ちなみに、おはなはんはお好み焼きの売上枚数では歴代ナンバーワン、つまり、日本で一番お好み焼きを売っています。

今回の新商品グルテンフリーお好み焼き粉の開発についての秘話としては、「すぐできた!」ことでしょうか?「すぐ」って、具体的にはどれくらいなのかというと、「1日かかっていない」のだとか…。新しいお好み焼き粉を開発しようと製粉工場へ行き、配合を考え、出来上がったのは、実際に半日ほどの間でした。

手づくりの味を大切に、それぞれの調味料の役割、バランスを知り尽くしている主婦だからこそ、短時間で創りだすことができたのだと自負しています。しかも、自宅にいながら高級料理店もうなりそうなお味に仕上がっているのです。

その秘訣は、調味料。実は、他のおはなはんの商品と同様に、グルテンフリーお好み焼き粉には保存料、着色料は一切使用していません

裏の商品表示をみていただければ一目瞭然なのですが、使っているのは、玄米粉米粉、そして、塩、砂糖などのおなじみの調味料。ふつうの主婦が、家族のために自宅のキッチンで使うような調味料だけしか使っていないのです。だから、お母さんのおいしい手づくりの味を再現することができるわけですし、だから、安心して召し上がれるのです。つなぎとしての卵を入れなくても、いつものおはなはんのお好み焼きのように、美味しく召し上がれますよ。

小麦などに含まれるたんぱく質の一種、グルテンを控えたグルテンフリーのお好み焼き粉とはうたってはいますが、7大アレルゲンも不使用なので、アレルギーをお持ちのお子さまにも安全にお召し上がりいただけます。いろんなお料理にアレンジして、使ってくださいね。